FC2ブログ

丹田の有用性について

                    その123
                 丹田の有用性ついて
 前回、その122「丹田の自覚」(2月20日付)が掲載されたころは、すでに新型コロナウイルス感染拡大がかなり深刻な情況となっていました。
 しばらくして新宿スポーツセンターが休館となり、同時に新宿剣連の活動も休止を余儀なくされました。

 これ幸いとばかり、剣談も休止し「号外」でつないでおりました。
 約4か月半に及ぶ休止の後、7月15日から剣連の稽古が再開されました。
 私は、再開後半月経った8月1日に稽古を見学に参りましたが、そのとき、すっかり頭の中から抜け落ちていた「井蛙剣談」の文字がくっきりと浮かび上がってきたのです。
 ということで、約半年の間をおいて続きに入ります。
*
 力みやギクシャク感が伴うことを肯んじて行った空間打突の修錬でしたが、この、力み、ギクシャク感を克服するために、「腹」への傾斜度を強めて修錬したことが「丹田」の自覚を促すこととなったと思われます。

 また、丹田の自覚が、気力の充実や精神の安定をもたらし、より合理的な身体動作を造り上げるのに大いに役立ったといえます。
 そして、辞書に載っている丹田についての記述や『剣道指導要領』の説明も次第に腑に落ちるようになりました。

 よくよく考えてみますと、前に述べましたように、剣道が上肢下肢アンバランスな動作を強いられるものであるならば、他の運動種目より丹田の有用性が説かれるのは当然のことであったのでしょう。

 ふつう人間の歩行は、左足が出るとき右手が出て、右足が出るとき左手が出ます。この両手両足が交差することによって身体のバランスを保つことができます。
 また、ほどんどの運動種目は、この歩行の法則に則って行われているといって過言でないでしょう。

 しかし剣道の動きは、この歩行の運動法則から全くかけ離れています。
 手は、諸手で竹刀を把持するので、両手を捕縛されたごとく、また、足は「送り足」「踏み込み足」という非日常的な足さばきが求められます。
 この歩行の法則からかけ離れ、不自由を強いられた身動きでもって攻防するというのですから。
 この動作が円滑に行われ、しかも一足一刀で技を呈することができなければ、まず剣道の恰好カタチにはなりません。

 剣道を習い始めた当初は、「踏み込み足」と竹刀の「振り切り」が一致することをもって打ち込み動作のカタチが出来たとします。そして多くの場合、このことをもって面の着用が許されます。

 しかし、このカタチを駆使して相手方と丁々発止の対戦ができるようになるまでには、まだまだ修業年月を要しますし、また、このカタチのでき方いかんが、剣道の強弱や良否へ大いに関わって参ります。
 「打ち込み」や「懸かり稽古」などの基本稽古は、この剣道のカタチをしっかり身につけることを主眼に行われます。

 この打突のカタチは、打ち出し、決め、そして残心を示すことによって完結しますが、機会をとらえ技を打ち出す前に、間詰め、見極めなどさまざまなシゴトが必要となります。
 そして、これらのプロセスを不自由を強いられた身ごなしのなかで行わなければなりません。

 そしてもう一つ。
 ふつう「打ち込み」は防具を付けた者同士が相対し、約束動作で打突部位を打ち合って行います。
 面打ちの場合、「メン」の発声と、竹刀で面を打つ「ポン」の音と、右足を踏む「トン」の3つの音が一致すれば、よしとされます。
 メン、ポン、トンの一致、これが「気剣体一致」の第一段階です。

 しかしながら、この「打ち込み」は、相手の打突部位という対象物があってはじめて得られる、心地よい打ちの感触であります。
 それと同じ面打ちを相手無し(空間)で行った場合どうなるか。打つ対象物のない「打ち込み」の身体の、なんと心許ないことか。出来ていたはずのカタチがまるで体を成さないのです。
 それは、部位を打つことによって、こそ得られる、心地よい打ちの感触であったのです。

 これでは本当の〝かたち〟が身についていない。ということにも気付いて、空間打突の修錬を自らに課すことになったのです。単なる恰好カタチにすぎなかったものを、自己の揺るぎなき〝かたち〟に造り上げるために。

 力みやギクシャク感と戦いながら、わが身体の内側に目を向け、また反対に身体の内側から聞こえる声に耳を傾け、幾度となく繰り返す空間への打突で〝かたち〟づくりに取り組むなか、しだいに丹田の有用性に気が付くのです。
つづく
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新宿区剣道連盟

Author:新宿区剣道連盟
「井蛙剣談」への思い

 「井の中の蛙大海を知らず」と自覚しつつ
「井の中は誰よりも知っている蛙」に成り代わり書き進めてまいります
つたなき指導の一環とお受け止めいただければ幸いです
               真砂 威

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク