FC2ブログ

復帰しました

                   復帰しました
 皆様方、大変ご無沙汰しております。
 私的事情により剣談の執筆、中断を余儀なくされ約1年半が経過いたしました。
 その事情とは、昨年の冬、膀胱に癌が発見されたことによるものです。
 思わぬ罹病に打ちひしがれながらも、ひととおりの抗癌剤治療の後、全摘手術を受け、数ヶ月の療養生活を経て、なんとか復帰することができました。

 思い起こせば昨年の年明け早々、1月9日に「明治維新150周年を迎えて」を掲載いたしました。その後2月5日に「『逝きし世の面影』を読む」を書き終えた後、検診で癌が発見されました。

 このシリーズは、書き終えるまで10回分ぐらいの紙数が必要だとの目算です。
 癌のうちでも膀胱癌は比較的生存率が高いとされていますが、癌には違いなく、どうなるかわからない我が身です。

 取りあえず内視鏡手術を行い、その様子を見て次の治療を考えるというものでした。内視鏡手術は3月初旬の予定。
 急がねば!

 その後、2月14日「ある文明の幻影」「『逝きし世の面影』参考資料」、2月19日「陽気な人びと」、3月1日「簡素とゆたかさ」、3月12日「親和と礼節」と筆を速め書き進めます。

 その間、3月7日に受けた内視鏡手術では、なんと、簡単に摘出することができない「悪性の癌」との告知を受けました。
 向後しばらく抗癌剤治療を施し、約3ヶ月後に全摘手術を行うとのこと。

 ひとまず退院後、3月21日に「信仰と祭り」を書き上げます。
 お気づきの方もおられるかも知れませんが、その冒頭で、このシリーズの内容を大幅割愛することに触れています。
 突き付けられた病状を考慮に入れ、なんとか早く締めくくりを付けたい、との思いからです。
 もっとも、直に本書『逝きし世の面影』を読んでいただければよい、との考えがあったわけですが。

 そして4月2日、シリーズ総集編「士魂」を書き上げ、これまで約7年間に亘って書き連ねてきた剣談の筆を擱くこととしました。
 いつ再開するか見通しがつかない状態なので、今まで毎号、末尾につけていた〝つづく〟を付すことなく。

 また、その前日の4月1日には、東京剣道祭に出場しましたが、これをもって竹刀も置くこととなります。

 何の自覚症状もないまま癌を告知され、抗癌剤治療や摘出手術を施されることの不可解さに苛まれる日々。藁をもつかむ思いでセカンド・オピニオンを受け、更にサード・オピニオンと試みましたが、残念ながらどれも最初の診断を覆すものではありません。

 もう、覚悟するしかない。
 得体の知れないものを相手に、闘病の決心をいたしました。
 お陰様で、4度にわたる抗癌剤治療も副作用は少なく、またその後に受けた摘出手術も10時間に及ぶものでしたが、なんとか無事乗り越えることができました。

 退院後は数ヶ月、自宅療養に専念し、丸1年間の休止期間を経て、本年4月から稽古を再開しました。
 稽古を始めてから約5ヶ月が経過しましたが、皆様方に手心を加えていただいているお陰で、つつがなく今日の日を迎えることができました。
 これからも何かとご迷惑をおかけするかと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
 また、「その112」以来とどこおっている剣談ですが、これも近々再開する予定ですので、併せてよろしくお願いいたします。
                         令和元年8月29日
                           頓真    
                           (真砂 威)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新宿区剣道連盟

Author:新宿区剣道連盟
「井蛙剣談」への思い

 「井の中の蛙大海を知らず」と自覚しつつ
「井の中は誰よりも知っている蛙」に成り代わり書き進めてまいります
つたなき指導の一環とお受け止めいただければ幸いです
               真砂 威

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク