基本を再考する

井蛙剣談 その十

<少年錬成大会によせて>
 夏休みの一大行事、全日本少年少女武道(剣道)錬成大会が、7月23日(土)~24日(日)、日本武道館で開催され、全国各地からから両日合わせて861チーム4870名の少年剣士が勢ぞろいしました。
 出場対象は小学校4~6年生(男女混成)で、各チーム対抗の5人制によるトーナメント試合によって行われます。
 この大会の特徴は、ベスト8までは「基本判定」試合を採り入れているというところです。基本判定試合は、赤白チームそれぞれの監督が元立ちとなって、先鋒から同時に基本稽古(切り返し・打ち込み)を規定時間(40秒間)行い、3人の審判員の判定により勝敗を決めるというものです。
 基本判定試合の基準が大会要項で示されていますが、それはともかくとして、全身を使って大きく、正確に、伸びやかに形が決まった基本稽古は、見ていて清々しい気持ちとなります。
 またそれとは逆に、体全体がぎくしゃくし、竹刀の振りが角張っているというか、力感が先に立ち、動きがせわしなく見えるものは感心できません。
 審判員としては、このように巧拙がはっきりした基本の内容であれば、迷うことなく判定することができますが、じっさい少年剣士たちの多くは、大会に臨むに当たって十分に練習を積んできているので、なかなか優劣の差が見分けにくいのが現実です。
 しかしながら判定には、「棄権」あるいは「引き分け」の表示は認められないので、どちらか一方に旗を上げなくてはならず、「3対0」か「2対1」で必ず勝敗がつくこととなります。
 基本判定試合の後は、引き続いて先鋒から1分間一本勝負による試合が行われ、先の「基本判定」と「一本勝負」を合計した勝ち数によりチームの勝敗が決します。
 当然、基本判定で勝るチームが一本勝負でも優位であってしかるべしですが、必ずしもそのようにはいきません。
 相手と差し向かっての勝負となると、どうしても技の応酬が切迫するので、基本稽古のように大きく伸びやかにとはならず、いきおい手わざ足わざの当てっことなってしまいます。
 勝敗にこだわらず基本正しく仕合ってほしいところですが、まだそこまで基本技が身体に染みこんでおらず、致し方ないことかもしれません。
 子どもたちの健やかな成長を願うものです。

<『五輪書』に学ぶ>
 いや! なにも、これは子どもたちだけに現れる現象ではありません。われわれ大人も常日頃からよっぽど心しなくては、〝間に合わせ〟の当てっこ稽古となってしまうということです。
 このことに関して、およそ400年前に宮本武蔵は『五輪書』で詳しく述べております。温故知新、いま一度古典に学んでいただきたく一端をご紹介いたします。

先(ま)づ世間の人毎(ひとごと)に、兵法の利をちいさく思ひなして、或(あるい)はゆびさきにて、手くび五寸の利をしり、或は扇(おうぎ)をとって、ひじよりさきの先後のかちをわきまへ、又はしないなどにて、わづかのはやき利を覚え、手をきかせならい、足をきかせならひ、少しの利のはやき所を専(せん)とする事也。
 (『五輪書』「火之巻」岩波文庫、渡辺一郎校注)

井蛙現代語訳を試みますと、
<まず世間の人たちは兵法の利ということについて、末梢的な技巧のみに走って、手首より先の利を知り、あるいは扇子を使うように肘より先(小手先)の技前にて勝負を論じ、又は竹刀稽古において少しでも速く当てることに味を占め、手わざ足わざを頼みとして、小器用で速さを求めることを専らにしている。>
となりましょうか。

さらに同書は次のように述べています。
我兵法におゐて、数度の勝負に一命をかけて打合ひ、生死(しょうじ)二つの利をわけ、刀の道をおぼえ、敵の打つ太刀の強弱をしり、刀のはむねの道をわきまえ、<中略>朝鍛夕練して、みがきおほせて後、独り自由を得、おのづからきどくを得、通力不思議有る所、其兵として法をおこなふ息也。

井蛙は、
<我が兵法においては、数度の勝負に一命をかけて打ち合い、生死の淵において刀の道をおぼえ、敵が打ちかかってくる太刀の強弱を知り、刀の太刀筋を会得し、<中略>朝鍛夕練し十分修業を積んだ後は、独りでに身動きの自由を得て、自ずから特殊な能力を得た、自由自在で超人的な不思議な力、これが戦いを剣の理に則って行うことの奥深さである。>と解します。
 ちょっと自慢っぽいですが、相当な域に達していたことをうかがわせます。
 要するに武蔵は、「当てることよりも太刀筋をしっかりと体得せよと」言いたかったと思われます。
 時代を越え、剣の修業目的は違えども、剣技の「上達論」においては十分に現代剣道に通じるものと思われます。
 最近、新宿剣連では若手指導者による基本指導が行われておりますが、この「基本」を、その場限りのものとして行うだけでは上達はおぼつきません。
 その基本をもって相互稽古を行い、それが試合または審査に反映できるよう心掛けてください。
 武蔵の言葉をかりて言えば「よくよく工夫あるべし」です。


つづく


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも貴重なお話ありがとうございます
今年、少年錬成大会(23日)見学させていただきました。
大学時代の後輩から監督として大会に出場するとの連絡がありましたので
久々の再開を目的として伺った次第ですが
小学生が小さな体を全て使って真剣に基本稽古を行っている姿をみて
本当に「清々しい」気持ちになりました
先生から教えてもらった事をただひたむきに出しきろうとする姿、
今、取り戻さなければならない気持ちと感じました

今の私は新宿剣連の基本理念を守るべく稽古をしておりますが
先生の言葉をお借りすると
「間に合わせの当てっこ稽古」「末梢的な技巧のみに走る」が実情です。
(ぶれすぎの体軸と太刀筋は毎度、恥ずかしくなります)

しかし、これは現状であり、基本理念を守った稽古を積んでいく事で
基本理念を体得できると自分に言い聞かせ、
今後も寄り道をしない稽古を積んでいく所存です

これからもご指導の程、よろしくお願い申し上げます



修業の段階

早速、佐々木啓さんからコメントをいただきました。
佐々木さんは新宿剣連の基本指導を担当していただいている若手指導者のお一人です。
剣道の上達の段階は、「無心に習う」から「自我の確立」そして「非我(自然)の世界」に分けられると思われます。
たぶん体軸と太刀筋のぶれは「自我」を貫こうとする強さでもあります。無心の段階ではぶれません。どうか存分に呻吟してください。
佐々木さんには、他でいわれる「守」「破」「離」の、「破」の段階であると、褒めておきます。よくよく精進すべし。

少年剣道錬成大会の思い出

今から37年前、お恥ずかしい話ではありますが、私は少年剣道錬成大会に出場致しました。私の田舎は、当時福岡県三池郡高田町(現在福岡県みやま市高田町)という所で、剣道の盛んな町で、全日本剣道選手権を制した石橋正久さんのご実家は、私の実家と同じ隣組にあります。当時、高田町に6つの小学校がありましたが、そこから選抜試合を勝ち抜き、選手として錬成大会に参加しました。

当時はまだ新幹線が東京から岡山までしか通じておらず、地元のJR大牟田駅から夜行寝台列車で大阪まで行き、翌朝大阪から東京へ新幹線で行きました。御茶ノ水駅前に当時はまだ木造の旅館があり、たしか「朝風旅館」に寝泊りして、日本武道館へ行き試合を致しました。

当時の少年剣道錬成大会は、全体を8ブロックに分けて、8ブロックの中で優勝を競う大会でした。当高田少年剣道クラブはブロック優勝を勝ち取り、九州の片田舎で優勝祝賀会をして頂いたことを覚えております。

「少年剣道錬成大会」いう言葉を聞くと、なにか自分の原点を思い出す様で、何もわからない片田舎の少年が、大都会の東京で悪戦苦闘した日を非常に懐かしく思い出されます。今も日々悪戦苦闘している状況は、何ら変わらないのですが、剣道を心の支えとして、何か少しでもお役に立てることがあればと思う次第です。

あれから約40年もたとうというのに、剣道は奥深いもので、私の剣道には何の進歩も見出せないのですが、真砂先生ご指摘の五輪書等を熟読して、剣道とは何たるものなのかを純粋に求めて行きたいと思っております。当井蛙剣談において、是非今後も貴重なお話を頂きます様何卒宜しくお願い申し上げます。

                                     新宿剣道連盟
                                     古賀 東一郎

上達の機縁

古賀さんにとって思い出深い少年錬成大会、ぜひ来年は審判として日本武道館の舞台に立っていただきたいものです。
自分で考え、古典を読み、人の話を聞くなりして、「ひょいと気づく」こと、これが上達の機縁に。一夜にして達人の域へ…
プロフィール

新宿区剣道連盟

Author:新宿区剣道連盟
「井蛙剣談」への思い

 「井の中の蛙大海を知らず」と自覚しつつ
「井の中は誰よりも知っている蛙」に成り代わり書き進めてまいります
つたなき指導の一環とお受け止めいただければ幸いです
               真砂 威

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク